予約をご希望の方

タルミ

タルミの治療法

  • ウルトラセルQプラス

    Check!

    こんな方におすすめです

    • リフトアップをしたい
    • タルミ・シワの改善をしたい
    • フェイスラインが気になる
    • タイトニングをしたい
    • 小じわの改善をしたい
    • ほうれい線の改善をしたい
    • 小顔効果を求める

    適応部位

    • 目尻のシワ
    • 小じわ
    • ゴルゴライン
    • ほうれい線
    • 毛穴
    • フェイスライン
    • 二重あご
    • 首のシワ

    「ウルトラセルQプラス」は、HIFU(高密度焦点式超音波)を照射することによってシワ、くすみを解消する効果を持っています。またHIFU(高密度焦点式超音波)は真皮に働きかけてお肌のタルミを軽減することもできます。さらに、表情筋に作用してお顔の引き締めもできるなど、1台で多数のメリットをもたらしてくれます。外科的治療で行うフェイスリフトに近い効果もあるので、「フェイスラインを改善したいけど切開は避けたい」という方にもおすすめです。

    ウルトラセルQプラスの特徴

    • HIFUの効果は即時的&中長期的!

      HIFUテクノロジーはターゲットに超音波の熱エネルギーを与えることで脂肪細胞を破壊し、排出します。治療直後はもちろん、コラーゲンの再生が行われる2~3ヶ月後に最も効果を感じていただけます。また、このプロセスは中長期的に継続します。リフトアップやタイトニングに最も効果的な皮下やSMAS筋膜にHIFUを照射できるのは医療機関のみ。

    • 治療は圧倒的にスピーディ。忙しい方にもおすすめ!

      全顔治療の平均400ショット照射した場合は10~12分程度かかります。1ショットの照射スピードは他機と比べても非常に短く、これはULTRAcel Q +の最も特化した機能です。カウンセリングや支度を含めても、従来の治療に比べて短時間で終わります。

    副作用・リスク

    感染、熱傷、神経麻痺、色素沈着、毛包炎、紅斑などが起きる場合があります。

    Q&A

    Q

    施術時間は?

    A

    施術内容、照射部位によって異なりますが、全顔のリフトアップ治療の照射時間は平均400ショット照射した場合10~12分程度です。詳細は医師もしくはスタッフにお尋ねください。

    Q

    痛みはありますか?

    A

    痛みの感じ方には個人差がありますが、わずかに熱感があります。ほとんどの方は麻酔なしで施術が可能ですが、ご心配な方は担当医師にご相談ください。

    Q

    日常生活に支障はありますか?(ダウンタイム)

    A

    ありません。施術後すぐにメイクも可能です。稀に腫れ、かゆみが伴うことがありますが、これらは一時的な反応です。

    Q

    何回の施術が必要ですか?

    A

    1回の施術でも効果的です。ただ、効果を維持したいとお望みの場合は、継続して施術を受けられることをお勧めします。(3~6月に1回のペースが目安)

    Q

    効果はいつ頃期待できますか?

    A

    施術直後から効果を感じることはできますが、数ヶ月後にコラーゲンの再生が起きます。このプロセスは、最長6ヶ月まで持続します。

    Q

    日焼け肌でもOKですか?

    A

    肌の色を問わず施術を受けられますが、日焼け直後は皮膚が熱を持っている状態ですので思わぬ副作用を招きかねません。日焼けが落ち着いてからの施術をお勧めします。

  • サーマクール

    サーマクールは、高周波を使ってタルミやシワを除去することに役立ちます。ラジオ波によって起こる熱によって、皮下組織の繊維隔壁やコラーゲンが収縮するので、フェイスラインがすっきりと見えます。さらに、コラーゲンは収縮する際に増加する特徴があるので、お肌の美しさにも貢献します。切開することなく、タルミや小じわの改善ができる上に、お肌のキメやハリが戻ってくる施術です。

  • ヒアルロン酸注射

    ホウレイ線などのタルミによっておこる症状を、目立ちにくくする施術です。効果は徐々に減少するので定期的な施術がおすすめです。

  • 上眼瞼・下眼瞼のタルミを取る手術

    Check!

    下記のお悩みを持つ方におすすめ

    • 上まぶたのタルミ
    • まぶたの腫れぼったさを感じる
    • 二重の幅が狭くなった
    • 奥二重になり一重に見える
    • 目が小さく見える
    • アイメイクが以前よりしづらくなった
    • 下マブタのタルミ
    • 目の下のふくらみ

    術前に患者様のご希望をよく伺った上で、切除する皮膚の幅やデザインを決定します。この際、目をさらにぱっちりさせるために、目を開ける筋肉(眼瞼挙筋)を少し短くしたり、目の下にあるクマを改善するために眼窩(がんか)の脂肪を細工して凹み部分に移動させたり、といった手術も同時に行うことができます。

  • リジュラン注射

    リジュランの有効成分であるポリヌクレオチドはダメージを受けた皮膚の生物学的状態を改善することで、真に美しい肌を作る「新たなコンセプト」の注入剤です。

    • リジュランのメリット

      • 優れた回復作用
        皮膚自体の再生力を改善することにより、自己回復力を高めます。
      • ハリの改善
        加齢によって失われた弾力繊維を補います。
      • バランスの回復
        皮脂の分泌を減らし、皮膚の脂分と水分のバランスを回復させることで肌のキメを改善します。
      • 確かな安全性
        生体適合性の高い物質であるため、有害反応が起きることはありません。
        ※魚・魚卵などのアレルギー体質のある方は施術をお控えください。
      • 迅速な効果
        注入後直ちに皮膚を安定化させ、皮膚の深部から素早い効果をもたらします。

    リジュラン注入後の経過

    初回注入後:3日〜5日後
    • 肌の質感向上
    • 皮膚の脂分と水分のバランス回復による皮脂分泌の減少
    2回目注入後:2〜4週間後
    • コラーゲンの自己再生により皮膚のハリが改善
    • 目の周りのや顔全体の小じわの改善
    • 毛穴や角質の改善
    3回目注入後:4〜6週間後
    • 皮膚のハリの改善による自然なリフトアップ効果
    • 皮膚の真皮層からボリュームアップ
    4回目注入後:6~8週間後
    • 10種類の作用で10歳若い肌年齢

    リジュランについて

    • 未承医薬品等
      この治療で使用される「リジュラン」は医薬品医療機器等法上の承認を得ていない未承認医療機器です。
    • 入手経路等
      当院で使用している「リジュラン」は米国で製造されたものを商社を通じて導入しております。
    • 国内の承認医薬品等の有無
      国内において、同様の機能を有し承認されている医薬品はありません。
    • 外国における安全性等に係る情報
      USDA(米国農務省)オーガニック化粧品製造評価及び認可機関であるQAIで認証されたうえ、FDA(米国食品医薬局)から一般薬品製造業者として登録された機関で製造を行っています。リスクとしては痛み・ヒリヒリ感、みみず腫れ、一時的な腫れ、紫斑、色素増強、瘢痕形成、一時的な局所神経麻痺が報告されています。

タルミについて

人間の身体にはコラーゲンがありますが、年齢が上がると次第に減少していきます。それによって少しずつ弾力も失われ、タルミが目立つようになっていきます。
顔には目や口を動かして表情を操るための複数の筋肉があります。これらの筋肉もタルミの防止に貢献していますが、年齢とともに筋肉が衰え、表情を作る動作で皮膚や皮下脂肪も伸ばされ続けます。そのような原因で重力に逆らえなくなった皮膚が下に下がることがタルミの原因です。そのため、横になるとタルミは解消したように見えます。

タルミの原因

  • 乾燥

    乾燥して皮膚の細胞に水分が足りない状態が続くと、お肌の弾力やハリが失われてタルミやシワができやすくなります。

  • 紫外線

    紫外線を受けると活性酸素が増えます。するとエラスチンやコラーゲンが壊れてお肌の弾力が減ります。

  • 真皮の老化

    年齢が上がると真皮も老化し、それまで存在したエラスチンやコラーゲンが減って、タルミにつながります。

  • ダイエット

    ダイエットや疾患の影響で急激に痩せると、太っていたときに伸びた皮膚があまるので、タルミになります。

  • 筋肉の低下

    加齢や疾患などの影響で表情筋が衰えると、皮膚を支える力も減って重力で肌が下がります。

  • 姿勢や癖

    姿勢の悪さもタルミにつながります。近年は、スマホを扱うために下を見る時間が増えているので要注意です。