レーザートーニング

今まで治しづらかった「肝斑」に画期的な治療法-レーザートーニング

「両頬にシミが広がってきた」
「生理前になるとシミが濃くなる気がする」
そのお肌の症状、もしかしやら肝斑かもしれません。

肝斑はシミの一種ですが、他のシミと違い、長期的な治療が必要でした。30〜40台の女性に多く見られますが、肝斑と自覚してい流人は少なく、いままで多くの女性に肌を悩ませてきました。

この治りにくい肝斑に画期的な治療法として注目されていえるのが「レーザートーニング」です。すばやく効果が期待できて、しかも気軽に受けられる治療として注目されています。

肝斑に最も効果的なレーザー光を照射

レーザートーニングとは、非常に弱いパワーでお肌にレーザーを当ててメラニンを少しずつ減らしていく施術法で、従来のレーザー治療では困難だった肝斑の改善に有効なだけでなく、肝斑を含めた色素性の病変を一気に治療できるものです。

シミのほかにトータルな美肌効果も

お肌のハリやキメが改善し、毛穴の開き、ほうれい線(口元のシワ)や目元のシワが改善されるというメリットもあります。さらにリフトアップ効果も得られるので、シミだけでなく全体的な美肌効果が期待できます。

 

効果が目に見えやすい「レーザートーニング」

○薬よる治療

トラネキサム酸やビタミンCなどの内服薬や塗り薬、イオン導入による治療がメインですが、長期に渡る継続が必要です。

△スキンケア

美白用化粧品でお手入れすることで、少しずつ改善されることが期待できます。洗顔などで肌をこすることが悪化の原因にもなるので気をつけましょう。

✕シミ用のレーザーで治療

肝斑にシミ治療と同じレーザーを当てると症状が悪化してしまいます。

◎レーザートーニング

回数を重ねるたび、徐々に効果が現れます。治療時間も短く、すぐにメイクもできるので、日常生活に支障なく気軽に治療が受けられます。
薬やスキンケアと併用することで、効果がより早く現れ、再発も少なくなります。