フォトフェイシャル

フォトフェイシャルとは?

フォトフェイシャルとはIPL(インテンス・パルス・ライト)という光をお肌に照射する光治療の一種で、コラーゲンの生成を促進し、シミやくすみ、赤ら顔などお肌のトラブル全般を改善する効果があります。
ニキビややけど、擦り傷や化粧品によるかぶれなどの炎症が治まった後にお肌に残る、炎症性色素沈着と呼ばれる褐色のシミに効果があります。

レーザーがメラニンにだけ反応

スポット的にシミを治療するレーザーに対して、フォトフェイシャルは顔全体に照射しながらシミの治療に適応します。これはIPLという光が特定のものにのみ反応するという性質があるためで、正常な組織には傷を付けることなく沈着したメラニンだけに反応しダメージを与えることができます。

肌のターンオーバーを促進

IPLの照射は肌のターンオーバー(新陳代謝)が促進することも知られています。そのため沈着したメラニンを自然な形で排出させることにつながり、シミの改善を促進します。
さらにコラーゲンを再生する線維芽細胞を活性化する効果もあり、肌のきめが整ってハリが増します。しかもダウンタイム(照射後にできた赤みやカサブタなどが治癒するまでの期間)がほとんど無く、照射中もレーザーに比べて痛みが少ないのが特徴です。


施術別料金表へ

フォトフェイシャル日本協会へ(外部リンク)

形成外科・美容外科・内科・アレルギー科|〒803-0845 北九州市小倉北区上到津3丁目8-11 TEL 093-651-7773|くろき・ひろクリニック