カテゴリー ‘内科・アレルギー科からお知らせ’

「帯状疱疹」予防として 水痘ワクチンが接種可能に(任意接種)

2017-05-01

子どもの頃に水ぼうそう(水痘)にかかると、水ぼうそうが治った後も原因ウイルスは体内(神経節)に潜んでいます。その後、免疫力の低下などによりウイルスが再活性化し、水ぶくれや痛みを伴う発疹が帯状に現れることがあります(帯状疱疹)。帯状疱疹を発症すると強い痛みを伴うことが多く、発疹が治っても、時には何年も強い痛みが残る(帯状疱疹後神経痛)ことがあります。

帯状疱疹は50歳以上に多く発症し、80歳までに約3人に1人が経験すると考えられます。しかし、これまで多くの子ども達に接種されている水痘ワクチンに帯状疱疹の予防効果が認められ、50歳以上の人は、帯状疱疹予防に水痘ワクチンが接種できるようになりました(任意接種)。
接種を希望する場合は、お気軽にご相談ください。

  • 対象:50歳以上の方
  • 料金:10,800円

【院内報WAVE~なみ~】2017年5月号

2017-05-01

2017年5月号の院内報ができました。

PDFダウンロード

第20回 歩いて学ぶ糖尿病ウォークラリーに

2017-04-06

毎年恒例のウォークラリーが、去年は響灘緑地(グリーンパーク)で、今年は門司港レトロで開催されます。
数名のグループで参加者の体力に合わせ、コース図にしたがってチェックポイントを探し、クイズを解きながら楽しく歩きます。それに加え今年は生バンド演奏に合わせて楽しくできるオールディーズde運動療法の体験もあります。

オールディーズde運動療法について

古き良きオールディーズ(1950年~1960年代の曲)の生バンド演奏に合わせてみんなで踊る、そんなワクワクする運動療法はいかがですか?
2016年に門司掖済会病院で発案されました。運動療法は楽しんでこそ長続きします。ただし無理は禁物!
座ったまま参加可能です!音楽に合わせて手拍子、足拍子などお好みの自由な形で気軽に運動療法を楽しみましょう!

  • 日時:平成29年5月14日
  • 日時:午前9:30~午後2:30まで
  • 場所:門司港レトロ
  • 参加費:雨天の場合中止
  • 参加費:1,500円(傷害保険料・昼食代含む)

お一人での参加はもちろん、ご家族、ご友人をお誘いの上ご参加ください。日頃の運動不足解消に皆様と一緒に楽しみましょう♪

当院でバスを手配し、門司港レトロに向かいます。
昼食は現地でランチを予定しております。
参加ご希望の方は、当院にお申し出ください。
皆様の参加をお待ちしております。

 

【院内報WAVE~なみ~】2017年4月号

2017-04-06

2017年4月号の院内報ができました。

PDFダウンロード

北九州市のがん検診

2017-02-25

北九州市では、がんを早期発見し、がんによる死亡 者数を減少させることを目的として、がん検診を 実施しています。

「自覚症状がないし、具合も悪く ないから大丈夫。」と思っていませんか? 自覚症状に気づいてからでは病状が進行している事 が多いため、検診は健康な人ほど受診すべきです。

ご加入の健康保険にかかわらず、対象年齢の北九州 市民であれば誰でも受診できます。

大腸がん検診

  • 対象者は40歳以上の市民、費用は500円
    • 内容:便潜血反応検査 前立腺がん検診
  • 対象者は50歳以上の男性、費用は1000円
    • 内容:PSA検査(血液検査) ※70歳以上の方は無料です。

特定健診はお済みですか?

2017-02-25

日本人の生活習慣の変化や高齢者の増加などに より、近年、糖尿病などの生活習慣病の有病者・ 予備軍が増加しております。

生活習慣病を原因とする死亡は、全体の約3分 の1にものぼると推計されています。 生活習慣病は、一人一人が、バランスの取れた 食生活、適度な運動習慣を身に付けることにより 予防可能です。

平成28年度分の特定健診・保健指導の 実施期間は3月31日までです。

北九州市国民健康保険の方で、まだお済でない方は 自分の健康状態をチェックするためにも特定健診を 受診しましょう!

対象者:40~74歳で北九州市国民健康保険に加入している方

【院内報WAVE~なみ~】2017年3月号

2017-02-25

2017年3月号の院内報ができました。

PDFダウンロード

【院内報WAVE~なみ~】2017年2月号

2017-02-03

2017年1月号の院内報ができました。

PDFダウンロード

インフルエンザが流行しています!

2017-02-01

インフルエンザの流行する季節がやってきました。気温がグッと下がると空気も乾燥して感染も広がりやすくなります。比較的抵抗力の弱い高齢者や乳幼児などは重症化する例もありますので注意が必要です。特に、集団生活を行っているところでは、手洗いやマスク使用の徹底などによる予防に努めましょう。

▼北九州市が1月27日、「インフルエンザ警報」を発令しました。

インフルエンザの感染経路

インフルエンザは、感染した患者のせきやくしゃみなどで飛び散ったつばと一緒に放出されたウイルスを吸い込んだりして感染することが主な感染経路と考えられています。吐き出されたウイルスがホコリとともに空気中に浮遊し、それを吸い込むことによって感染する可能性もあります。ウイルスが付着した物にさわり、その手で口や鼻、目の周りなどに触れると感染する可能性があります。

インフルエンザの予防法

インフルエンザはウイルスがいる空気を吸い込むだけでもうつるため、効果は限定されますが、帰宅後すぐの手洗いは大切です。もちろんうがいも欠かせません。
人ごみは避け、特に乾燥したところでは、空気中に飛び散ったウイルスが長時間生きているため、感染する確率も高くなります。
マスクは乾燥した空気から、のどや鼻の粘膜を守るのに役立ちます。加湿器などで空気の乾燥を防ぐことや部屋の換気も大切です。

インフルエンザの学校出席停止期間と登園の目安

【保育園・幼稚園における病気のときの登園のめやす】

発熱したあと5日を経過し、かつ、解熱したあと3日を経過したら。

【学校における出席停止期間の基準】

発症したあと5日経過し、かつ、解熱したあと2日を経過するまで。

【院内報WAVE~なみ~】2017年1月号

2017-01-05

2017年1月号の院内報ができました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-05-16-17-41

 

PDFダウンロード

« Older Entries
形成外科・美容外科・内科・アレルギー科|〒803-0845 北九州市小倉北区上到津3丁目8-11 TEL 093-651-7773|くろき・ひろクリニック